相談料

 30分毎に5,000円(税別)

 ※法テラスの扶助制度をご利用の方は、3回まで相談無料(1回30分まで)→無料相談の要件

 ※資料の事前検討を要する事案は、別料金 (例:金融機関の融資に関する相談

<スペシャル・オファー実施中!
🔶以下は、初回30分まで無料
・税務不服申立(再調査請求・審査請求)、税務訴訟、税務調査に関する相談
・過払金返還請求(完済した方)の相談
🔶以下は、初回50分まで5,000円
・個人・事業主・法人の借金問題や債務整理に関する相談(財務分析・コンサルティング含む)

書面作成料

🔷簡易書面(相談中に作成する1枚程度の書面):相談料+5,000円~ 
  例)借用書、誓約書
🔷内容証明郵便(弁護士名なし)、簡易な主張書面:30,000円~
  例)時効援用、請求書、軽微な事案の答弁書
🔷契約書、遺産分割協議書、公正証書の原文、行政機関に提出する文書(補助金の申請など)、調停申立書、弁護士意見書など:70,000円~

交渉、調停、訴訟(裁判)の目安

「取扱業務」ページに掲載中の分野については、各ページをご覧ください。

<経済的利益の額>〈着手金〉〈報酬金〉
 400万以下       示談交渉:20万円~/調停・訴訟:30万円~16%
 400万超3000万以下 5%+10万10%+18万
 3000万超3億以下  3%+70万6%+138万
 3億超       2%+370万4%+738万
※経済的利益を目的としない場合(例:土地の境界や地役権に関する紛争)、一律800万円として計算。

※簡易な事案は、上記より減額します 【すべて消費税別です】