相談料

 30分毎に5,000円(税別)

 ※1か月内に当事務所に依頼いただいた場合、着手金から初期費用(初回相談料(30分or1時間分)+事前調査費)を割り引きします
 ※土日祝日・夜18時半以降のご相談は、30分毎に1,000円(税別)を加算
 ※事前検討を要する事案・英語対応事案は、別料金 (例:税務争訟税務調査のご相談、金融機関の融資に関する相談

書面作成料 ※相談料は別途

🔷簡易書面(相談中に作成する1枚程度の定型書面):6,000円~ 
  例)借用書、誓約書
🔷内容証明郵便(弁護士名なし)、簡易な主張書面、その他1枚程度の非定型書面:30,000円~
  例)時効援用、請求書、軽微な事案の答弁書
🔷契約書など法律書面:80,000円~

交渉、調停、訴訟(裁判)の目安

「取扱業務」ページに掲載中の分野については、各ページをご覧ください。

<経済的利益の額>〈着手金〉〈報酬金〉
 400万以下       示談交渉:20万円~/調停・訴訟:30万円~16%
 400万超3000万以下 5%+10万10%+18万
 3000万超3億以下  3%+70万6%+138万
 3億超       2%+370万4%+738万
※経済的利益を目的としない場合(例:土地の境界や地役権に関する紛争)、一律800万円として計算。

※簡易な事案は、上記より減額 (すべて税別)