債務整理はどこの事務所に頼んでも同じ?
いいえ、ちがいます!

多くの事務所は、債務整理業務のほとんどを、事務員に機械的に処理させています。
そもそも普通の弁護士はお金の専門家では無く、債務整理をイエス・ノーのフローチャートで画一的に処理するものと捉えているからです。
しかし、そこでは財務面での精緻な分析がなされておらず、私たちから見ると、「もっと他にやりようがあったんじゃないか…」と思う例も少なくありません。

長年、金融・財務・税務の分野で活躍したバックグラウンドを持つ、法務とマネーのプロフェッショナルである私たち、借金問題に取り組むにあたっては、法律と財務会計の高度な専門知識を基に、単なる数字の奥を見る必要があると思っています
お客様の要望や価値観、そして人生設計(ライフプラン)は、それぞれです。
同じ「数字」「金額」でも、お客様の年齢や家族の状況、将来の計画、事業や契約の内容等によって、その意味は千差万別。
だからこそ私たちは、徹底したカウンセリングを重視しています。

当事務所の債務整理は、お金の問題を熟知した弁護士と税理士が共同し、完全オーダーメイドでコンサルティングをするところからスタートします。相談者様のご希望を踏まえながら、様々なシュミレーションを元に、法律と財務会計の両面からアプローチし、ベストな解決策を考えます

その分、他の事務所より多くの時間と労力を費やしますが、お客様が生活や事業を再建し新しいスタートを迎えられるよう、私たちは全力を尽くします。
「借入金の負担が本業を圧迫している」「いくら返済してもカードローンが減らない」「収入が減り住宅ローンが返せない」…そんな方は、ぜひ一度ご相談ください!

1 相談申し込み
 ホームページの相談申込フォームからお申込みください。

2 カウンセリングシートの記入
 メール又は郵送で、カウンセリングシートをお送りします。ご記入の上、ご返送ください。

3 コンサルティング(来所またはZOOM)
 弁護士と税理士が、問題点の分析と、改善策や最適な法律上の手続きのご提案をします。

【相談料金】初回50分まで、サービス価格5,000円(税抜)/延長・2回目以降、30分毎に5,000円(税抜)
※ 面談日から1か月内に当事務所へご依頼の場合、着手金から相談料5000円分を割引(任意整理は3社以上のご依頼が割引対象)

4 債務整理の法的手続き
 法律上の手続きが必要な場合、弁護士が自己破産や個人再生の申立て、任意整理等を行います。

自己破産、個人再生、任意整理の料金は、下記の最低額を基準に、債権者数・負債額・資産と負債の内容に応じて算定します(コンサルティングの後に見積書をご提示)。

【参考】
・同時廃止の例:初めての破産で資産も無い場合
・管財事件の例:20万以上の資産や50万以上の預金がある場合、5年内に会社経営者または事業主だった場合、2回目の破産
・民事再生の例:住宅ローンや車を手放したくない場合

〈着手金〉〈報酬金〉
 破産(同時廃止)   20万円~なし
 破産(管財事件) 27万円~なし
 個人再生 33万円~なし
 任意整理     1社あたり4万円【債務減額の場合】減額した額の10%+過払い金を回収した場合は回収額の19%(裁判で回収の場合は24%)
【利息カット等の和解の場合】2万円
※すべて税抜価格。

<NOTICE>
・上記料金のほか、実費(郵券、印紙代等)として、破産・個人再生は23,000円、任意整理は1社毎に5,000円が必要。なお、遠隔地へ出張の場合、交通費が発生。
・自己破産と個人再生は、別途、裁判所に予納金を納めます(同時廃止では1万円強、管財事件では20万円以上)。特に管財事件は、手持ち資金があるうちにお早めにご相談ください。

【法テラスの民事法律扶助制度をご利用の方】
・3回まで相談無料(1回30分)
・法テラス規定の弁護士費用で、月5,000円~の分割返済が可能
※法テラスの援助要件はこちら ※法テラスの弁護士費用はこちら

★ ご質問は「お問い合わせ」までお気軽に。